インターネットを活用する

特許の仕事をしたいのであれば、インターネットを活用してみましょう。自宅から簡単に情報収集することができますし、24時間好きな時にチェックをすることも可能です。あいている時間を見つけて、求人情報をチェックすることもできるでしょう。では具体的にどのようなサイトを活用すれば、特許についての求人情報をチェックすることができるでしょう。
まず、弁理士になるためには、資格試験に合格をする必要があります。もし弁理士試験に合格できると、弁理士会というところに登録をします。これではじめて、あなたは弁理士として活動をすることができます。ところで、弁理士会では、独自にホームページをもっています。そこでこのホームページにアクセスしてみましょう。そうすると、弁理士会の管轄しているところにおける特許事務所を中心とした求人案件がアップされています。こちらで情報収集できるでしょう。
またパテントサロンというサイトがありますので、こちらもチェックしてみるといいでしょう。パテントサロンは、特許業界に特化して、いろいろな情報を紹介しているサイトを指します。特許業界の求人情報もいろいろと紹介されています。特許事務所に就職をする時に、利用させてもらったという人も多いです。弁理士はもちろんのこと、特許技術者や事務職、図面スタッフ、翻訳者といったように特許事務所で必要とされる人材を全般的に募集をしているので、特許の仕事をしたいという人にはおススメのサイトと言えます。
また人材紹介サービスというサイトもいくつかあります。こちらは、非公開求人などの情報をもっていることも少なくありません。ですから、求人サイトでは見つからないようなこう待遇の条件を紹介してもらえることもあるでしょう。

直接アタックしてみる

就職活動と聞いて、ハローワークがまずはじめに思い浮かぶという人もいるでしょう。ハローワークは、ありとあらゆる業界の情報をもっています。もちろん特許に関係する情報をもっていますので、相談をしてみるといいでしょう。ハローワークは日本各地に用意されていますので、自宅の近くに事務所があるかも知れません。もし遠いのであれば、ハローワークのウェブサイトがあります。こちらで求人情報を検索することができますので、利用してみるといいでしょう。
特許事務所が近くにあれば、そこに直接問い合わせをしてみるという方法もあります。特許事務所の多くで、自分のところのホームページをもっています。その中で、求人情報について、独自に掲載をしている場合があります。こちらの情報をチェックしてみるのもいいでしょう。ホームページを探す場合には「特許事務所旧人」といった感じのキーワードで検索にかけてみるといいでしょう。
電話でこれぞと思ったところとコンタクトをとる方法もあります。断られることもあるかもしれません。しかし中には「履歴書をお送り願えますか?」といってくれる場合もありますので、チャレンジしてみるといいでしょう。

ページの先頭へ